卸売りのお問合せはこちら (弊社では小売販売を行っていません)

愛猫用 アクティブライン ウエイトコントロールアクティブ(低カロリー) 454g

トラブル部位別 加水分解タンパク使用の食事療法食 AFS入

健康的な体重管理による健康維持のための低カロリー食事療法食

ウエイトコントロールアクティブ454g
afs ウエイトコントロールアクティブ454g

454g 1,408円(税込)

■原材料
[ 通常粒 ]
米・魚粉(アンチョビ)・加水分解された魚蛋白・海藻(アスコフィルム結節)・ビール酵母・コーン油(ミックストコフェロールで保存)・魚油(ミックストコフェロールで保存)・ミネラル (リン酸カルシウム・炭酸カルシウム・硫酸鉄・亜鉛アミノ酸キレート・硫酸亜鉛・銅アミノ酸キレート・硫酸銅・マンガン酸化物・ヨウ化カリウム・亜セレン酸ナトリウム)・乾燥酵母(BIOMOS)・FOS・DL-メチオニン・ビタミン(E・PP・A・B12・B1・パントテン酸・B2・B6・ビオチン・D3・葉酸)・タウリン・塩化コリン・ユッカシジゲラ・ローズマリーエキス

[ AFS ]
加水分解された魚蛋白・加水分解されたポテト・ミネラル類・L-カルニチン・キトサミン・ダイダイ・ローズマリーエキス

■粒の形 平丸形

■粒の大きさ [小粒] 6〜7mm(厚さ 3〜4mm)

■成分値
[成分]
粗タンパク質 33.00%・粗脂肪 9.70%・粗灰分 7.50%・粗繊維 4.00%・水分 8.00%

[ミネラル]
カルシウム 1.30%・リン 1.20%・カリウム 0.60%・ナトリウム 0.70%・マグネシウム 0.08%

[ビタミン]
A 21000UI/kg・D3 1200UI/kg・E 120mg/kg・B1 8mg/kg・B2 5mg/kg・B6 5mg/kg・B12 0.02mg/kg・ビオチン 0.10mg/kg・PP 100mg/kg・パントテン酸 7mg/kg・葉酸 1.1mg/kg・塩化コリン 2300mg/Kg

[その他]
DLメチオニン 600mg/kg・L-カルニチン 420mg/kg・タウリン 1000mg/kg・ダイダイ 350mg/kg・キトサミン 290mg/kg・ローズマリー 0.85mg/kg・Omega3 1.00%・Omega6 1.10%

■代謝エネルギー:330kcal /100g

AFSタブレットに含まれる植物成分
(フィトケミカル)

フィトケミカル成分(植物栄養素)は適正な体重維持による健康維持を目的として配合しています。
カロリーを通常製品(当社製品比)より12%~15%削減(高オメガバランスの魚油を使用)。
脂肪分を抑え、魚油を使用(高オメガ3)オメガ3:オメガ6=1:1を実現。低GI穀物(玄米)を使用。
高品質な水溶性と不溶性の豊富な食物繊維を使用し満腹感を保ちます。
妊娠中・授乳中はお勧めしません。

ダイダイ(オレンジピール)

キトサミン

Lカルニチン

サニーペット ヘルスプロジェクト

犬猫の病気と食事の関係性を専門的・技術的な知識やノウハウと500症例を超える豊富な臨床経験を生かして犬猫の健康の為の商品を開発する40人以上の獣医師スタッフのプロジェクト。

VETERINARY FORMULATION

イタリア獣医師会認定商品
イタリアでは通常、獣医師はフードを販売していません。FORZA10(フォルツァディエチ)はイタリア獣医師会が推奨しています。

小粒

アクティブライン キャットフードは、小さなお口の愛猫が食べやすい小粒タイプです。

給与量の目安
(1日あたり:グラム)

体重 やや太り気味
給与量(g)/日
肥満
給与量(g)/日
1kg〜2kg 20g〜30g 20g〜30g
3kg〜4kg 40g〜50g 35g〜45g
5kg〜6kg 55g〜65g 50g〜60g
7kg〜8kg 70g〜80g 65g〜75g

★本品使用時は他の食事摂取を控え、本品のみでの給餌をお薦めします。
他の食べ物と混ぜたり、間食などによりフード自体の特性が薄くなることがありますのでご注意ください。

★米国飼料検査官協会(AAFCO)の定める栄養ガイドラインに沿って製造しています。本品と水だけで健康に生活できます。
アクティブシリーズは全てタンパク原料の制限やタンパク加水分解処理を行い、
フードに起因する食物アレルギーや様々な健康問題に悩むペットの健康維持の為に開発されています。

加水分解とは…
通常、摂食したたんぱく質は体内の消化器官でそれぞれの臓器ごとの消化酵素によって消化され(細かくなっていく)、アミノ酸になって体内に吸収されます。

 タンパク>ペプチド>アミノ酸

この体内の消化分解処理を原料段階で分解処理し、アミノ酸にして腸管で吸収しやすく、その後血液中に入っても免疫反応を抑制する原料処理を加水分解といいます。